ユーキャン 介護福祉士

ユーキャンの介護福祉士講座を学ぶと合格率が高くなる理由

介護福祉士は、医療・福祉の現場で介護を行う仕事として、ニーズが高まっています。福祉の充実を今考えられている中、介護福祉士の資格は介護関係者の中でも評判の資格です

介護福祉はどういう仕事で、どんな資格が必要かをここでは説明していますので、参考にして下さい。

 

介護福祉士の仕事とは

高齢化社会の日本では高いニーズの介護福祉士

介護福祉士をめざす

高齢化社会へと加速している日本。最も必要とされているのが、医療と介護職従事者だと言われています。景気低迷による雇用不安から結婚を望まない人も増えるでしょうし、核家族化で将来は独居老人になる高齢者も増えていくと言われています。

病気をしたり体が不自由になると一人で暮らすことが困難になり、同居の家族も介護が不可能になった場合には、デイサービスへの通所やショートステイでの宿泊、老人保健施設、特別養護老人ホーム、有料老人ホームなどにお世話になることになります。

そういった施設で高齢者の生活のサポートに当たるのが、ホームヘルパー資格をもった介護スタッフや介護職の上級資格である介護福祉士になります。介護福祉士の仕事は、各施設で高齢者の生活相談や食事などの援助や、介護スタッフの指導育成などです。

実際に現場で働く介護福祉士によると「仕事にはマニュアルがないので高齢者1人1人との触れ合いを通じて日々の仕事を行っていますので仕事に充実感を感じる」という方が多いです。

介護福祉士の資格をとる

2つ資格への道

介護福祉

介護福祉士になるためには、大きく分けて2つの方法があります。1つは福祉系の短大や専門学校を卒業すると資格を得ることができます。しかし法律の改正により、平成24年からはこれらの学校を卒業した人も国家試験を受験しなくてはならなくなりましたので注意が必要です。

もう1つは、福祉の関連施設で実務経験3年以上または、高校の福祉課程を卒業した人が国家試験受験資格を得ることができます。介護福祉士の国家試験は各都道府県で毎年1月にマークシート形式の筆記試験、3月に実技試験が行われます。

受験料は1万2800円で、平成20年の受験者はおよそ14万3000人。合格率は約50%ですが今後の需要を考えると、さらに難易度が上がってくることが予測できますので受験準備は早くに進めるのが良いと思います。

ユーキャンの介護福祉士合格指導講座は魅力的な教材

初心者でも解りやすい教材が魅力です。

筆記試験では社会福祉概論や障害者福祉論、老人福祉論などの専門的な内容が出されます。これらは独学で勉強することもできますが、ユーキャンの介護福祉士合格指導講座では初心者でも分りやすい教材が準備されていますので、無理なく介護福祉士の勉強を続けていく事ができます。

特に初心者にも分りやすいと評判のテキストは、専門用語の丁寧な解説や介護の状況を図解で説明されていて、試験で出題されやすい問題には星印が付いていて分かりやすいと口コミで広がっているようです。

もし勉強中に分からないことがあれば、FAXやメール、電話などで、経験が豊富な講師陣へ質問することも可能で、また科目別添削と総合模擬試験添削を合計7回も行なう事ができるようになっています。

一般的に行なわれている講座へ通う場合は、交通費もかかりますし、時間的な拘束をされますから、小さなお子さんをお持ちの方や、現在お仕事をされている方だとどうしても無理が出て、途中で諦めてしまう方も多いようです。

その点、ユーキャンの介護福祉士合格指導講座は、時間的な制限や交通費がなくやる気次第で無理なく続けやすいということで大変人気があります。

受講する人にもよりますが、平均受講期間は約6カ月間。受講費用は一括払いの場合、4万9000円で分割払いだと3800円の13回払い。

合格までのスケジュールも作成してくれますし、受験のノウハウを知り尽くした、ユーキャンならではの教材はおすすめです。

ちなみに資料請求はユーキャンのホームページから簡単にできますので興味のある方はチェックしてみて下さい。