高齢化社会が進む現在において必要性の高まる介護福祉士

高齢化社会が進む現在、介護福祉士の需要が大きくニュース等でも取り扱われています。その需要と供給が見合っておらず、介護福祉施設等での事故も起きている現状です。

少しでもそんな状況を打破しようと、介護福祉士を目指す若者が増えている事が、とても救いだと感じます。また若者だけではなく、実際に家族の介護に直面したり、将来の家族の介護の為にと資格を取る人も増えています。

介護福祉士という名称はよく耳にしますが、具体的にどのような資格で、どのような勉強方法があるのでしょうか。まず、混合してしまいがちですが、介護福祉士とホームヘルパーは違う資格です。

どのように違うのかと言うと、ホームヘルパーの場合は、各都道府県の認可によりその資格が与えられます。一方、介護福祉士は国家資格になります。

仕事内容としては、ホームヘルパーは在宅介護、介護福祉士は施設等での介護とわかれますが、最近では同じ職場で働くというケースも少なくないようです。

ただ、ホームヘルパーという資格は今後、廃止が決定されています。現在ホームヘルパーの資格を持っている方は、介護福祉士としての資格を新たに取得する必要があります。

介護福祉士を受験する為の勉強方法とは?

まず、介護福祉士になる為の必須条件は、厚生労働大臣が指定する介護福祉士養成施設(専門学校など)を卒業する事、実際に介護職員として3年間以上勤務・経験後、国家試験を受験する事があります。

この2つのうちどちらかの条件をクリアした場合のみ介護福祉士の資格を取得する事ができます。では、介護福祉士の受験勉強とは一体どのような勉強方法になるのでしょうか。

介護福祉士を受験する為の勉強方法として、必要不可欠な物が参考書や問題集です。参考書は、ただ丸暗記するのではなく解説等ひとつ、ひとつの意味をよく理解する事が大切です。

それでもどうしても判らない場合は、資格を持っている先輩などに例を出してもらうのも効果的です。また、法的制度や歴史、医学関係についても同じ事が言えると思います。

こちらはある程度暗記も必要としますが、医学的な事については、自分の動きに合わせて、今こういう指令が脳からでているんだなと確認したり、この動きをするときに使う筋肉や骨はこういう名称なのか等と、体を使っていくと覚えやすい様です。

幅広い知識が求められる介護福祉士の勉強方法

後は過去の問題集を、繰り返しひたすら勉強していると、その傾向と対策が見えてくるので、言葉自体を覚えるのではなく、他の問題などででてきた流れで覚えてしまうという人もいる様です。

また歴史については、介護福祉士の勉強方法に限らず、年号を語呂あわせで覚えてしまう方が楽かもしれません。一番難しいと思われる法的制度については、歴史同様に語呂あわせでひたすら覚えたり、自分や家族の日常で起きる出来事を関連付けて覚えたりすると、身近に考える事によって納得も出来て、その言葉だけを覚えるよりも役に立つと言う人もいます。

介護福祉士の受験勉強を始める時期については、受験申し込み後に始めるという人が意外に多いようです。ですが専門的な知識以外にも、時事ネタの知識等も必要になる場合もありますので、常に世間に対しアンテナを張っておくというのも大切な事だと思います。

介護福祉士の勉強方法は、筆記だけではありません。実際に現場経験も必要ですので、お仕事をしながら受験勉強される方も多いと思います。

体調管理やスケジュール調整など大変な事もたくさんありますが、無理をしないように頑張ってください。

ユーキャンの介護福祉士講座の資料請求は無料です。

ユーキャン 介護福祉士講座