介護福祉士の役割りと資格取得について

現在、日本では超高齢社会という深刻な社会問題が起きています。今、日本が抱えている問題は、単に高齢者が増えたと言うわけではなく、少子化や女性の社会進出や核家族の急増など、様々な要因があります。

そのため、家庭や地域での介護の現状は厳しくなる一方です。そんな今、介護の専門職として、介護福祉士が重要な役割と言えるでしょう。

介護福祉士として介護にあたることは、たしかな知識や技術を持ち合わせていることはもちろん、介護に対しての意識が高い人に介護にあたってもらえるという安心感もあるのではないでしょうか。

今、想像以上に必要とされる介護福祉士。具体的な内容として、介護福祉士は国家資格のひとつで、老人介護福祉施設や障害者施設、住宅への訪問をし、働くこととなります。

仕事の内容は、身体や精神上に障害があるために日常生活が困難な人の、入浴や排泄、食事など日常生活の介護、指導を行い、生活全般を支援することです。

この資格を取得するためには、養成施設を修了するか、3年以上の介護の実務経験があり、国家試験に合格することが前提となります。養成施設に行きたくても費用が気になる人もいると思います。

資格取得にかかる費用は奨学金を利用しよう

資格を取得するまでにかかる費用は、取得の仕方によっても異なってきますが、それでも入学金や授業料などを含めるとかなりの金額になってしまいます。

そこで、奨学金という制度があります。奨学金は設定する機関や施設によりさまざまですが、主に、養成施設から奨学金がもっともメジャーでしょうか。

このようなタイプの奨学金には、その施設が定める対象者や条件があるので、その条件を満たし審査に受かった場合にのみ対象となります。

それとは別に、生命保険協会からの奨学金もあるようです。これは、介護福祉士養成奨学金制度という制度により、今、介護が大きな役割を果たしているということで、養成を支援する奨学金です。

ただ、奨学金というと、返済の義務があるということが不安のひとつとなってしまう人も多いでしょう。実際に、卒業後に返済をしない人が後をたえないという現状もあるようです。

しかし、奨学金といってもいろいろなタイプがあり、卒業後に定められた期間、介護士として就業すると返済が免除されるタイプのものもあるようです。

少子高齢化が進んでいる今、介護福祉士はとても重要な役割を果たしています。自分にあった奨学金制度を利用することで、現実的により介護福祉士の資格を取得しやすくなると言えます。

ユーキャンの介護福祉士講座の資料請求は無料です。

ユーキャン 介護福祉士講座