介護福祉士の平均給料とは?

介護福祉士の給料ですが、これは地域差も若干ありますし、どこに雇用されているかによってかなりのばらつきがあるのです。老人介護施設などで平均月給30万円というところもありますし、20万というところもあります。

ざっと求人広告を見てみると、最低額が15万から23万。中には、経験を積んでレベルアップしていくことで、お給料も変動していくランクアップ制をとっているところもあります。

それに諸手当が付き、賞与が年2回で、年収にして200~350万辺りが平均的と言ってよさそうです。普通の企業と一緒のような幹事がしますが、介護保険の範疇でほとんどの病院が運営しているため経験年数とともに右肩であがるということはないように思われます。

またこれは平均値なので入社当初から平均をもらえるわけでもなくかなり金銭的にはきびしい状況であると思います。介護の仕事は体力も精神力も必要ですし、介護福祉士となれば国家資格ですから、それだけの専門性が求められています。

それでこの給与なのです。介護福祉士は看護師や医師と同じく国家資格なのです。そしてこれからの社会に絶対必要な存在です。介護福祉士の社会的地位と共に、給与の面でもさらに高い評価をされることが望ましいですね。

介護福祉士の雇用形態について

介護福祉士の雇用形態は、24時間、365日必要とされています。「介護施設」「福祉施設」「医療機関」「特別老人ホーム」等さまざまですが、一般に早番・遅番・日勤・夜勤等、幾つかの時間帯に分けたシフト制をとっています。

日曜・祝日に完全に休みというわけにはいきませんが、4週8休を保証しているところが現在では多いようです。そのためには人員を確保する必要があり、正社員だけでは回りきらないため、契約社員・派遣社員・非常勤・パート・アルバイト等、いろいろな雇用形態をとっています。

フルタイムではなくパートとかアルバイト的にも需要があります。また上記とは別に記載したい「訪問介護」という形態もあります。訪問でのサービスを専門に行う場合は、実稼動した分のみが給与に反映され、事業所によっては広い地域をカバーする場合も多く、移動費は支払われるものの、時間的なロスが多い分収入面ではあまり多くは望めない場合もあります。

夜間の出張または休日出勤などは、通常別途追加支払いがありますが、時給事態があまり高くなく高収入とはいえません。介護福祉士の求人の多くは入所、通所施設です。

デイサービスセンター(通所介護)、養護老人ホーム、特別養護老人ホーム(特養)、グループホームなどがそれにあたります。現在募集に対して求人が著しく少ないのが現状であり今から発展と介護福祉士の地位向上が図られ需要も増える職種であると思います。

ユーキャンの介護福祉士講座の資料請求は無料です。

ユーキャン 介護福祉士講座